凍結の水のトラブルは他人事ではない!

水のトラブルは季節問わず起こるものです。例えば、冬に起こるトラブルのひとつである凍結は、気温が低くなったらどこの地域でも気を付けなければなりません。なぜ凍結が起きてしまうのか、凍結防止のために何をすべきなのか覚えておきましょう。

■氷点下を下回ったら要注意

気温がマイナスになると、テレビやラジオの天気予報で凍結に注意するようアナウンスされます。なんとなく聞き流してしまうこともありますが、配管の水が凍ると破裂や水漏れのトラブルが起こるので安易に捉えてはいけません。一般的に外気温が氷点下3度より低くなると配管の水が凍ると言われています。水は凍ると膨張する性質を持っているので、配管の中の水が凍ったときに膨張した結果、配管が破裂するというトラブルが起こりやすいのです。また、氷点下3度を下回っていなくても、冷たい風が吹いている場合は体感温度が低くなり、凍結の恐れがあります。


■凍結を防ぐために

一般的な方法として、水抜きをすることでトラブルを回避できます。やり方は、止水栓を締めて水の流れを止めて、残りの水を蛇口から出し切って水道管を空にします。これで管の中の水が空っぽになるので水が凍る心配がありません。止水栓の場所が分からない場合は水を少しずつ出しておく方法もあります。その場合、ちょろちょろと少しの量を出しっぱなしにしているだけで水道代が跳ね上がるようなことはないので安心して行えます。むしろ凍結によって配管が破損したときの修理代のほうが高くなってしまいます。



■まとめ
凍結は豪雪地帯での話と思い込んでいる方が多いようですが、冷たい風が吹けばどの地域でも凍結の恐れはあります。できればこまめに天気予報をチェックしたり、冬の間は毎日凍結防止のための予防策を続けるなどの意識改革が必要です。水のトラブルによって水が使えなくなることほど不便なものはありません。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ