トイレのリフォームを考えるのは水のトラブルが起きたとき?

トイレのリフォームをどのタイミングで行えばいいのか悩む人は多いです。実際にトイレで水のトラブルが起きたことをきっかけにリフォームを検討することもあります。なかなかリフォームに踏み切れないという方は、実際にリフォームをした人たちのタイミングをチェックすることで参考にできます。

■トイレが壊れたことをきっかけにリフォームをした

トイレは一日に何度も使うところなので、トイレ本体や便器が壊れてしまうことがあります。せっかく便利に使っていたシャワートイレが使えなくなればトイレの交換工事になることもあります。そのため、トイレの故障をきっかけにリフォームに踏み切ったという家庭が多いのです。また、トイレそのものが老朽化によって古くなったことや、バリアフリーを目的にリフォームしたという方も増えてきました。



■トイレではどんなトラブルが起こりやすいのか

例えはタンクの故障が挙げられます。何をどうしてもトイレの水が止まらなくなる、トイレの水が流れないなどのトラブルは珍しいものではありません。タンク本体の中を覗いてみると、とても複雑な構造をしているのが分かります。そのため、ちょっとした刺激でトラブルを招くこともあるのです。節水のためにタンクの中に物を入れる行為が一時期流行りましたが、あれはタンク内が故障する大きな原因につながるので、やめた方がいいです。
また、トイレの便座や蓋にヒビが入るといったトラブルもあります。こうなると修復は不可能なのでトイレの交換が必要です。


■まとめ
水のトラブルの代表ともいえるトイレのトラブルに見舞われると、トイレが使えなくなるという不便な生活を強いられます。トラブルによる被害が大きくなるまえに、いつもと違う変化を感じたら早めに修理を依頼するか、これを機にリフォームを検討して快適なトイレ空間を作るのもおすすめです。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ