トイレのレバーが空回り?それは水のトラブルの可能性が!

いつ起こるか分からない水のトラブルに必要以上に心配することはないものの、突然トラブルが起これば誰でも慌ててしまいます。例えばトイレのレバーにトラブルが起きたとき、どう対処したらいいのか分からない方がほとんどではないでしょうか。

■トイレのレバーの仕組みを知っておこう

トイレで用を済ませたあとにレバーを回すと、タンクの中のフロートバルブが開きます。これでタンクの中の水が一気に便器に流れていきます。タンクの中の水がどんどん減っていくと水位が下がって、同時に浮き球も下がって止水弁が開いていきます。この流れから今度はタンクの中に水が溜まっていきます。同時に先ほどの浮き球が水位が上がるのと一緒に上がっていきます。浮き球が上がりきると止水弁が閉じてフロートバルブが閉まることでレバーが元の位置に戻ります。


■もしもレバーが空回りしたり動かなくなったら

レバーの様子がおかしいと思ったときは、レバーとフロートバルブをつなげている鎖を見てください。中で絡まっていたり、途中で切れているなど、鎖の状態によってレバーが戻らない可能性があります。また、フロートバルブの根元の位置をチェックしてください。正常な位置からずれていることもあります。ずれているとレバーが正しく動かないのでフロートバルブの位置を元に戻す必要があります。もしもこれらが該当しない場合は故障の可能性が考えられます。トイレのトラブルは専門家に任せるのが一番です。必要な部品も工具も、もちろん専門的な知識もある修理業者に早めに相談してみてください。


■まとめ
水のトラブルの中でも特にトイレはトラブルが起こりやすい場所です。家族が多ければ多いほど使う回数も多いので、一人暮らしではなく家族で暮らしている場合はトイレのトラブルが起こる確率が高くなります。異変を感じたら放置せず、場合によってはトイレリフォームをするなど、早めに状況を改善しましょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ