古いトイレは水のトラブルが起こりやすい

トイレの音などに変化が出てきた場合、それは水のトラブルが起こる前兆かもしれません。特に古いタイプのトイレは老朽化が進んで壊れやすい状況になっています。建物が古くトイレも和式で古い場合は、長年使ってきたことによる劣化で水のトラブルが起こる可能性が高くなります。

■古いトイレは不便が多い

建物自体が古いとトイレスタイルも古いケースが多いです。和式トイレも洋式同様に老朽化によって壊れてしまうこともあるので、寿命によって修理が必要になる場合はこの機会にトイレを洋式に変えることを検討するのもおすすめです。寿命がきたトイレは修理をしても、またすぐに壊れてしまう可能性があります。何度も修理費を払うより交換したほうがお得になることもあるのです。一般的にトイレの寿命は10年前後と言われていますから、すでにそれ以上経っている場合はいつトラブルが起きてもおかしくないと思っておきましょう。


■トイレが壊れてからでは手遅れか

トイレは水のトラブルが起こりやすい場所です。また、トイレは寿命があるものなので、いずれは修理が必要、もしくは交換が必要になることがあります。ちょっとしたトラブルなら何とかなりそうだと思っていても、放置しても勝手に直ることはありません。日を追うごとに状況は悪くなる一方です。早めに修理を依頼すれば小さなトラブルで済んだものでも、長らく放置しておけばトラブルは大きくなり、修理や工事も大掛かりになります。こうなるとトイレが使えなくなる時間も長くなるので、トイレが壊れる前に修理を依頼するなどの対策を取る必要があります。


■まとめ
今はまだ使えてるから大丈夫だと思っていても、突然やってくるのが水のトラブルです。そのときになって慌ててしまわないように、トイレのトラブルにまつわる豆知識には一通り目を通しておくことをおすすめします。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ